正面 サビ汚れ ボックスカルバート

施工中についてしまった汚れ・・・ 工程上仕方ない事なのですが・・・ 引渡し前に付いた、 新設コンクリート面のサビ汚れをキレイにします。 今回はボックスカルバートの両端面 + H鋼の埋戻し跡 がメインです。 施工前 全体にサビ汚れが付いています。  あと、H鋼を埋めた跡もついでに処理していきます。 濃いサビ汚れ部分を「平面研磨砥石#36 」 を使って大まかに研磨除去していきます。 素地が悪い部分は 「リペレジ #45 」を使って気泡をつぶしていきます。 あとは全体に「Cリペカラー」を3~4回吹き付けて、 トーンカラーで模様付け、目地の線をいれて完成です。 違和感なく綺麗に仕上がりました。 みなさんに大変喜んで頂き、暑い中頑張ってよかったです。

擁壁 打ち放しコンクリート補修 色合わせ

擁壁にシュッと一吹き! 打ち放しコンクリート補修   現場打ちの擁壁・・・ いつまでも残る場所だったり、埋まってしまう場所だったり・・・ 埋まってしまう場所は良いんですが問題はいつまでも残る場所ですよね( ;∀;) 今回は残ってしまう場所に色むらが発生したので、Cリペカラーをシュッとしてまいりました(^^)/ ↓ 施工前 擁壁ではよく見かける色ムラですね~ ↓施工後 下地は一切施工せずにCリペカラーで色合わせした後トーンカラーで模様付けしてます。 ↓施工前 この場所は気泡が目立っていたので先にリペレジで気泡を処理します。 ↓施工後 リペレジで細かい気泡も埋めた後色合わせ&模様付けしました。 ↓施工前 この場所も色合わせ&模様付けで施工しました(^^)/ ↓施工後 仕上がり具合はどうですか?  

コンクリート 補修 補修跡 色合わせ

打ち放しコンクリート部分補修・仕上げ   こんにちはー!タムラです! 今回は壁高欄天端の無収縮モルタル打設跡補修を行いました。   ↓(ボルトの位置が間違っていた為、撤去後に無収縮モルタルを打設した部分) これを直していきたいと思います。     ↓(正規位置にケミカルアンカーにてボルトを設置した状況) これもキレイに仕上げます。     先ず、無収縮打設部分を平面研磨砥石#36で研磨⇒平坦化し、全体にリペレジを薄く塗ります。   ※ポイント:光沢が無いのでリペライニングは使用せず、リペレジだけで全体を覆うように薄くしごきます。   完全に乾いてからペーパー#600で軽くこすって馴染ませます。   あとは、色調整したリペカラーを吹付けて模様を付けるだけですが、、、 ここでもポイント! 補修部分(狭い範囲)だけを消そうとすると逆に目立ってしまいます。 色合わせ全般に言えることですが、少し広めに吹付けることで境界線を無くしぼかすようにします。 こうすることで補修箇所をいい感じで消すことができます。     仕上がり状況 計12か所  所要時間:約2時間                      ・・・

コールドジョイント 色調性 コンクリート補修 

【打継模様の色調整/打ち放しコンクリート補修】 今回の業務内容 症状   打継模様・軽微なジャンカ・気泡 など 施工面積 約42㎡ 施工時間 1.5日間 人工   4人工 研磨材  コンクリート表面研磨砥石#80中研ぎタイプ   補修材  リペレジライトグレー・Cリペライニング プライマー カチオン系素地調整プライマーロイヤルW21 色合わせ Cリペカラー#6ダークイエロー・トーンカラー黒色、黄色・模様付けパット大柄、小柄 施工前(補修跡と打継模様が目立ちます) 施工後 施工前(色むらが気になります) 施工後(時間が無く、それなりの仕上げですが・・) 施工前 施工後 施工前 施工後 この他高車作業もありフル回転の作業でした(汗)      

コンクリート 黒ずみ 補修 コールドジョイント

強度のあるコンクリートって磨くと黒くなるときって、、ないですか?? ちょっとした汚れやキズを取ろうと頑張って頑張って こすり続けた結果・・・逆に目立ってるやんーっ!!!みたいな。 そんな黒ずみ?黒光り??をササッと色合わせしてきました。   Before   今回の場合は黒ずんだだけでなく、キズも少し目立っていました。 (キズを消そうと擦ったのかもしれません・・)   このまま色を付けてもキズは消えないので、まずは下地処理から。 リペレジを全体に薄くしごき、乾ききる前に余分なリペレジをすべてそぎ落とすと キズの部分だけが埋まった状態になります。   このまま色を付けてもいいのですが、周囲のツヤ感と合わせるために もうひと手間 ”Cリペライニング” を薄くしごきます。 そのあとはいつも通りに色合わせをして、はい完了です。   After

コンクリート補修 エプロン サビ アク 色合わせ リペカラー

Before After   酒井です。 同じ様にコンクリートを扱う業界の方には「あるある」だと思うのですが、 側溝等に溜まった落ち葉や木などは時間が経つとこんなに目立ったアクになります、 新設現場の場合は特に目に付きますよね・・・。 ペーパーで擦ったりして薄くした経験の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか? ちょっと宣伝になっちゃいますが写真の施工はCリペカラーを吹き付けただけなんです。 もちろん色調整はしていますが、Cリペカラーの「サッと吹付けるだけ!!」を 信じるか信じないかはアナタ次第ですwww 今回の業務内容 施工個所 約3mにわたり茶色のあくを色合わせ 施工時間 20分 人工   1人工 色合わせ Cリペカラー#1ライトグレー・トーンカラー黒色、黄色

  • 先頭へ
  • 1
  • 最後へ