こんにちは。 今回は打ち放し擁壁の改修工事を行ってきました。 他社様にて一度補修を行った現場です。 予算?工期?の都合かどうかわかりませんが、OKが出なかったらしく、弊社に依頼があり手直しを行いました。     ↓ 施工前の状況       ある程度補修済のため、そこまで悪くないんですが。   あえて気になる点を挙げるとすれば、、 ① 天端のラインが揃ってない   ② 余分なセパ穴の削除 & セパ穴作成 (白シールを貼った部分)   ③ ノロが付いたままのエラス   ④ 気泡多め    ⑤ 全体的に模様がアンバランス といったところでしょうか。       ↓ 施工中の様子         余分なセパ穴や気泡をリペレジで埋め、   高さを合わせたのちCリぺライニングで平面に仕上げます。   天端ラインは墨打ち⇒ダイヤモンドカッターで余分な部分をカット   本来あるべき位置にセパ穴を作ったら下地は完了です。   あとは20年耐応シリカ系塗料を、・・・

コンクリート擁壁に出来た気泡   傾斜があるほど出やすいピンホール(気泡) 簡単に、きれいに処理できる方法をおさらいしたいと思います。 ↓ 施工前の状態                                                                     全体にポツポツ気泡が出ている状態です。・・・

天井スラブ面 気泡跡吹き付け

例年以上に暑いこの夏、みなさん体調はいかがでしょうか? 毎年夏になると現場仕事がほんと嫌になりますよね・・ さて今回は、   底板スラブ面に出来た「気泡」! ポリマーセメントや補修材で埋めたものの、余計に目立ってしまう時ってありませんか?? そんな補修跡をどうにか目立たなくして欲しいとのご依頼です。 もちろん一つ一つ丁寧に色を合わせていけば簡単なのですが、 工期が無かったり、範囲が広い場合はそうもいきません。 補修跡がかなり目立った状態   白い部分が補修跡です( ・3・;) これを一つ一つ消していくのは骨が折れます。 そこで、、、「Cリペカラー」を全面的に薄く吹いて色の差をぼかしていきます。 コツはまんべんなく全体的に1層吹きをして、 特に濃い部分だけ2~3回吹き足していく感じにしましょう。 途中経過。 左半分くらいが吹付済です。 100㎡程度であれば30分程で作業完了します。 完了写真がこちら。 ぱっと見た感じですが、ずいぶん印象が変わりました( ^ω^)b グッジョブ!! 養生、準備を含めても2時間足らずで施工完了と考えれば十分じゃないでしょうか? 超お手軽なのでお勧めします!

コンクリート 2次製品 仕上げ

プレキャスト(二次製品)の美装仕上げ   こんにちわー!タムラです! 今回は、プレキャストの仕上げをしてきました。 一般的な仕上げ材などで気泡を埋めたり、表面処理をした跡が 悪目立ちするので見た目を綺麗にしてくださいとの依頼。 ・施工前               まずは仕上げ材の削り残しを平面研磨砥石#80を使って平坦になるよう均していきます。 (面積が広く同じ物が6枚あったのでグラインダーで時短です♪)        こんな感じで削ります。        従来だとガタガタになっちゃいます               躯体にキズが付かず、余分な材料だけ除去するのにチョー便利っス!!(`・ω・´)b 平坦化 完了 → 掃除 → 気泡処理(リペレジ) →  さらに余分な材料 削り取り → Cリペライニング →  吹付け → 模様付け の手順で進めます。 吹付けはCリペカラー#2(グレー)をベース色に選び、 トーンカラー(ブラックとイエロー)で色の微調整。 ここで注意! 今回は全面吹きですが、忘れちゃいけない養生です! 上部にある鉄筋部分やレイタンス部分に吹付けが付かないように! さらにポイント! 広く吹付ける場合、吹付けた跡が筋のようになりやすいので少し離れて均等に吹付けましょう。 (例:横方向だけでなく縦方向でも吹付ける) 吹付けて違和感がなければ自然な模様を付けて完了です。・・・

プレキャスト 気泡 コンクリート補修 

【気泡処理跡の仕上げ/プレキャストコンクリート補修】 今回の業務内容 症状   プレキャスト全体に出来た気泡の処理と色合わせ 施工面積 約24㎡(下地を含む全面仕上げ) 施工時間 1日間 人工   3人工 研磨材  コンクリート表面研磨砥石#80中研ぎタイプ   補修材  リペレジライトグレー・Cリペライニング プライマー カチオン系素地調整プライマーロイヤルW21 色合わせ Cリペカラー#3ダークグレー・トーンカラー黒色、黄色・模様付けパット大柄、小柄 施工前(気泡の処理跡が目立った状態を手直ししていきます) 施工中(非常に柔らかく練ったリペレジを全体にシゴいています) 施工後 (余分な材料を全て落とし、リペライニングで肌合わせ。そして色合わせをしています) ツヤ感も復活し、手を加えたとは思えない仕上がりに。 施工前 施工後   現場報告者の酒井でした。

ジャンカ 打ち放し 施工後

【新設コンクリート・軽度なジャンカ補修と色合わせ/打ち放しコンクリート補修】 今回の業務内容 症状   全体的に気泡の発現・打継模様・軽微なジャンカ・ひび割れ30本・面木のバリなど 施工面積 約65㎡(下地を含む全面仕上げ) 施工時間 2日間 人工   6人工 研磨材  コンクリート表面研磨砥石#36粗砥ぎタイプ#80中研ぎタイプ   補修材  リペレジライトグレー・Cリペライニング プライマー カチオン系素地調整プライマーロイヤルW21 色合わせ Cリペカラー#6ダークイエロー・トーンカラー黒色、黄色・模様付けパット大柄、小柄 施工前 施工後 施工前(ジャンカやクラック、気泡を先にリペレジでつぶしています) 施工後 現場報告者の酒井でした。

コンクリート 補修 スペーサー跡 補修跡

今回は底板のスペーサー跡とプレモルを使った補修跡の補修仕上げです。 Before         補修跡がガタガタなので平面出し専用砥石#36で仕上げレベルに合わせて削ります。 砥石を躯体に密着させるとキレイな平面出しが出来ます。 ※こんな感じです。(別現場) 体験談ですが上向きに長時間グラインダーを当ててると腕が…           の小鹿みたいにプルプルしちゃうので力み過ぎず休みながら 作業することをおすすめしますw 後はいつも通り補修箇所にリペレジとⅭリペライニング塗ります。 下地ができれば調色したCリペカラーを吹付け、 コンクリート模様に合わせた色で模様を付けていきます。 模様が周りと馴染んだら光沢を出すためにペーパー裏で擦り、 ウエスでホコリを拭き取れば完了です。 After

プレキャスト 施工前 ジャンカ 補修

「ジャンカ」しっかりとバイブをついても出来る時は出来てしまう厄介者、、、 そんなジャンカにお困りの依頼主様のもとに行ってまいりました プレキャストは模様が少ないので色合わせ後の模様付けが苦労しそうですが頑張ります 今回の業務内容 施工個所 約1㎡内軽微なジャンカと散らばったあばた2か所、全体に散らばったあばた1か所の      補修と色合わせ、15cm程の補修跡12か所の再補修と色合わせ 施工時間 5時間 人工   2人工 補修材  リペレジ・Cリペライニング 色合わせ Cリペカラー#1ライトグレー・トーンカラー黒色、黄色・模様付けパット大柄、小柄 【厄介者ジャンカ】 さて問題のジャンカとご対面です オウオウ、このジャンカ野郎め~キッチリ(補修材を)詰めてやるから覚悟しとけ~ というわけで補修開始です ヌリヌリ、シャッッ、コスリコスリ、シュー、フワー、コスリコスリ、ポンポンポン 完成です(笑) それでは次の方 ムム、先ほどよりもあばたが広がっていますね ヌリヌリヌリ、シャッッ、ヌリ、シュッ、コスリコスリ、シュー、フワー、コスリコスリ、ポンポンポンポン 影と一緒にハイチーズ ハイ次! ヌリ、シャッ、コス、シュッ、ポン 終了です 本日の現場報告者の酒井でした

コンクリート 黒ずみ 補修 コールドジョイント

強度のあるコンクリートって磨くと黒くなるときって、、ないですか?? ちょっとした汚れやキズを取ろうと頑張って頑張って こすり続けた結果・・・逆に目立ってるやんーっ!!!みたいな。 そんな黒ずみ?黒光り??をササッと色合わせしてきました。   Before   今回の場合は黒ずんだだけでなく、キズも少し目立っていました。 (キズを消そうと擦ったのかもしれません・・)   このまま色を付けてもキズは消えないので、まずは下地処理から。 リペレジを全体に薄くしごき、乾ききる前に余分なリペレジをすべてそぎ落とすと キズの部分だけが埋まった状態になります。   このまま色を付けてもいいのですが、周囲のツヤ感と合わせるために もうひと手間 ”Cリペライニング” を薄くしごきます。 そのあとはいつも通りに色合わせをして、はい完了です。   After

コンクリート 気泡 補修 模様

コンクリート表面に出来る『気泡』って気になる方は結構気になりますよね(;^ω^) 点々とした気泡から… 密集した気泡…といろいろあります(;´・ω・) 数が多いとやる手間もかかるし、時間もかかるし… ってなっちゃいますよね。 けど意外と簡単にパパっと直せちゃうんですよ♪ Before   After   どうですか? これ、『塗る、削る、擦る』だけなんですよ♪ リペレジをコテ先でチョンチョンと埋めてからヒートガンやトーチなどで 軽く水気を無くして、スクレーパーで削り取り、ペーパーで擦るだけで これだけわからなくなっちゃうんですよ(*´з`)♪ 詳しい補修方法はコチラからご覧ください♪

  • 先頭へ
  • 1
  • 最後へ